初心者・ はじめての仮想通貨

はじめての仮想通貨をわかりやすく丁寧に

ビットコインキャッシュBCH『CoinEXの二つのトークンCET・VIAT』『Wormholeワームホール』トークン化の動き

f:id:miekokishi:20181101180859j:plain 

ビットコインキャッシュBCHとは

過去の詳細記事で詳しく知ろう 

hajimete.kyotohannari.work

BCH基軸取引所CoinEXのトークン『CET』と『VIAT』

CoinEXの独自のトークン『CET』

  • 総発行数1億枚
  • CoinExでの基軸通貨となる(CET / BCH、CET / BTC、CET / USDTなど)
  • 四半期ごとに(3ヶ月ごと)にCoinExの利益の20%でCETを買い戻すためその分希少価値は上昇する

『CET』の暴騰は『BCH』の暴騰の前兆と言われている。

 

経営者 YANG Haipo(ヤン・ハイポ)が凄い

ViaBTCのCEO、BCHのハードフォークを主導した。中国北西部工科大学で数学を専攻し卒業後、2012年からTencent Weibo(中国のTwitter)とTencentが投資した香港証券取引所のFUTUでエンジニアとして従事。YANGはBitcoinの最も初期の採用者と投資家の一人であり、ブロックチェーン技術について深い理解を持っている。

第2弾 独自のトークンの発行『VIAT』

どうなる?二匹目のドジョウはいるのか?CoinEx独自トークンの第2弾『VIAT』の発行ですが、取引所に口座を開設している方々はプレセールで購入するんでしょうか。今後も『VIAT』の値動きは注目です。

 

 

ロジャーバー氏BCH基軸取引所の立ち上げ検討 

このニュース凄いですね。ロジャーバー かなり思い切った手段に出てきましたね。今のままのビットコイン投機主導の状態だといずれ仮想通貨は埋もれてしまう危機感もあると思いますね。今の停滞したムードを突破できるのは

 

 

BCH『Wormholeワームホール』とは?

Bitcoin.comのCEOのロジャーバー氏と同社の主任開発者コービン・フレイザーが新しいツール『ワームホール』を発表。 Bitcoin.comがホストする形でBCHのブロックチェーン上でトークンが発行できる。

 

フレイザーは冗談半分に『好むと好まざるとに関わらず、ICOやクリプトキティーずのようなものは、おそらく近い将来、ビットコインキャッシュBCHにもやってくるだう』と語った。これに対してロジャーバー氏は『おそらくそういった物は Bitcoin.comにやってくるだろう』と楽観的な発言を付け足した。イーサリアム「ERC20』の対抗馬の本命の登場ですよね。

jp.cointelegraph.com

 

『ワームホール』でトークン発行が進む

 ViaBTCがワームホールプロトコルベースのマイニングプールトークンを発行

ライトニングネットワーク セカンドレイヤーの入り口となる?

 

まとめ・全方位的に実需が進む

  • 『ワームホール』などでトークン発行・ICOの動き
  • ライトニングネットワークなどのセカンドレイヤーの可能性も視野に入れている
  • ビッグブロック継続ハードフォークによる『60億人利用できるスケール』
  • マイクロペイメント(少額決済)店舗決済のスピード感
  • イギリスなでのBCH ATMの普及
  • 『EAT BCH』
  • アフリカや第3世界での利用の拡大

 

 

BCH情報サイトです。

kasoutuka.kyotohannari.work

 

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村