初心者・主婦でもわかるSOHO・暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)・投資(自分年金・株式・不動産)・SOHO・お役立ち(生活・ダイエット)

ヨーロッパ『バックパッカーの旅』その2・アムステルダム運河と夜景が綺麗・『ヨーロッパの旅・7つの注意ポイント』

見栄子さんは学生時代にヨーロッパ・特に西ヨーロッパを中心に鉄道列車の旅に行きました。当時はまだ統一通貨『ユーロ』ではなく国ごとに使える通貨が違い、また話す言葉も違うのでとても大変な旅になりました。前回の旅の記事の続編をご紹介して行きたいと思います。

 

アムステルダムに向かう鉄道の中で終了していましたので、今回はアムステルダムからです。田園風景がすぎるとようやく都会に出てきました。いよいよオランダの首都・アムステルダム駅への到着です。早朝にフランクフルトに着いてからもう夕方17時くらいです。今日は列車に乗ってる時間が半端ないです。

 

 

オランダの首都・アムステルダム

この駅は東京駅がモデルになっている駅で結構似た外観になっています。さすが観光地。たくさんの人でごった返していました。さすが首都。全くのいきあたりばったりで乗り込んだこともあり、アムステルダムで行くホテル行くホテルで満員御礼で宿泊するホテルが、見つかりませんでした。結局、ヨーロッパに到着した初日は野宿になりそうです。

 

おおお。初日でいきなりの野宿。ピンチです。どうしよう。どうしよう。

 

見栄子さんは腹をくくることにしました。アムステルダムでは夜まで観光して食事して、夜行列車で夜を過ごそうと考えつきました。ここからはユーレイルパスの有効活用です。時刻表をチェックしてみると夜行列車でクシェット付きです。(クシェットとは、座席を倒すとベッドみたいに寝られるようになる部屋のことです)ラッキーです。出てる便はまたまたドイツ・ビュルツブルク行きがありました。よかった。これで一安心。

 

ということで2・3時間ですが、両替したオランダ・ギルダーを使い切るよう贅沢三昧の食事とTシャツを2・3枚買い込みました。最低限のシャツしか日本から持ってきてないので現地調達して増やしていく方法です。アムステルダムは運河の街でとても綺麗です。特に夜になると灯りが綺麗です。

 

画像の配置 アムステルダムと運河の夜景の写真です

さすがに運河のクルージングは学生の身分では高価ですので、あきらめて夜景を徒歩で歩きながら楽しみました。結局、今回の旅でオランダの滞在時間はなんと5時間。笑。こういう旅も面白いなとこれからの出会いや観光名所での出来事に期待しつつアムステルダムを後にすることにしました。

 

さようなら オランダ

 

アムステルダム駅から夜行列車・2号車のユーレイルパスなので当然2号車のクシェットに乗り込みます。ガラガラでした。まあラッキーです。貸切状態でクシェット独り占めしました。鍵をかけてスクリーンを降ろして真っ暗。さすがに歩き疲れたのとドイツ・フランクフルト→ケルン→オランダ・アムステルダム→夜行列車と歩き通しと列車に乗りすぎでクタクタでした。ぐっすり眠ることができました。

 

朝、身が覚めるとドイツ・ビュルツブルクです。1泊の宿泊費も浮いてなおかつ移動もできて最高です。この方法は結構おすすめです。シャワーはありませんけどね。

 

ヨーロッパの旅で注意するポイントその2・7選

  1. トイレはそんなに日本のようには沢山ありません。かつトイレは無料ではありません。お金がかかります。トイレは早め早めに対応しましょう。
  2. 言葉が国ごとに違うのである程度、日常会話(こんにちは・これいくら?これひとつ下さい・ありがとう・さよなら・すみません)はマスターしておきましょう。
  3. 言葉がわからないから当然メニューもさっぱり・ある程度国ごとの有名な料理を勉強して名指しでメニューを指定する方法を取るのも一つ。
  4. 前回もご紹介しましたが、ミネラルウオーターは常備しておきましょう。意外と炭酸水が主流のようです。とてもガブガブ飲めませんけどね。
  5. ヨーロッパの駅や空港では自動販売機での料金がすごく高い(日本だと100円のジュースがヨーロッパだと400円とかします・駅を出て街のスーパーだと普通の価格です)
  6. 宿泊ホテル・宿は現地に着いたらまず確保すること。結構、観光地が多いので簡単に宿泊ホテルを確保しにくい。見栄子さんみたいに初日から野宿の危険性があります。
  7. 宿泊費を抑えるなら、夜行列車・野宿・ユースホステルの活用を

 

まとめ

今回も行き当たりばったりの見栄子さんですが、意外と楽しんでました。このまま何事もなく旅は進むのでしょうか?事件はイタリアで起こるんですけどね。残念ながら。それまで、何事もなく出会いもあり、毎日、綺麗な街と美味しい食事・きれいな芸術作品・歴史的建造物の目白押しです。乞うご期待。