初心者・主婦でもわかるSOHO・暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)・投資(自分年金・株式・不動産)・SOHO・お役立ち(生活・ダイエット)

税金・所得控除ができる国の制度『NISA・IDECO・ふるさと納税』ご紹介します

 

所得の控除額を増やして税金を減らす手段や方法が国の制度として存在しています。今回ではいくつかの金融商品をご紹介していきます。

 

f:id:miekokishi:20181024200530j:plain

 

スポンサーリンク

 

自分年金になる『所得控除ができる』 IDECOイデコ

メリット

その年 積み立てた金額が税金控除できる優れています。株式などの投資信託型の金融投資商品もありますが、基本的には、銀行や証券会社で積立として預金する意味合いが大きいです。制度として『会社員で年間の限度額は276000円』『自営業者で年間の限度額は816000円』となります。 

 

デメリット

60歳まで積み立てたお金は引き出しできないということです。(ある意味自分年金ですね。)20代・30代の方は30年くらいの期間放置になります。運用もの金融商品への投資(積み立て)の場合は、原本割れのリスクも考えられるので、あまりオススメしません。普通に金融機関にお金を積立をする選択もできますので、あくまで今の税金控除対策に絞るのが良いと思います。

ど素人が始めるiDeCo (個人型確定拠出年金) の本

ど素人が始めるiDeCo (個人型確定拠出年金) の本

 

NISA 一般型と積立型があります

NISA一般型

メリットは投資した商品での利益が無税になることです。また5年間毎年120万円まで最大600万円までを限度に投資でき、無税です。戦略は、配当のある金融商品に投資をして配当を無税で受け取るものです。(2014年から2023年)5年目に投資商品自体に利益が出てる場合は一旦売却。出てなくてもロールオーバーしてまた5年間メリットを受けるという方法です。これを利用して2024年までは非課税投資枠を利用できます。見栄子さんも実践しているものです。株式や投資信託などの売買・配当の税率は分離課税で20%です(所得税と住民税の合計)から10万円利益が出たら2万円差し引かれて証券口座に入りますがNISAでの投資なら、これが非課税になります。デメリットは、元本割れのリスクですね。

 

NISA積み立て型

毎年40万円を限度に最長20年まで最大800万円が限度になります。(2018年から2037年)となります。こちらのポイントは定期的に継続して投資をして行くので投資単価を抑えて投資できるというところでしょうか。

 

子供NISA

資金に余裕のある方は、相続対策にいいかも。子供NISAの年間の上限額は40万円。暦年贈与は年間一人当たり110万円までできますから、子供に財産を移行していくなら、それを利用するのも一つの選択です。

税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門

税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門

  

ふるさと納税

これは、皆さん利用している方も増えてきているのでは、ないでしょうか。最近では、確定申告を簡単にできるような仕組みも出てきており、便利ですよね。返礼品の割合が縮小するニュースが出てましたが、せっかくのブームも去るのでしょうか。もしくは本来の姿に戻るという事です。今後を注視してく事が望ましいです。

ふるさと納税完全ガイド2018年最新版 (洋泉社MOOK)

ふるさと納税完全ガイド2018年最新版 (洋泉社MOOK)

  

スポンサーリンク

 

まとめ 見栄子さんが思うこと

国の制度として『まずは知ること』ですね。次に『よく理解すること』ですね。上手に収入に応じた年間収支にフォーカスした税金のコントロール。例えば現在800万円の課税所得のある人ならIDECOで276000円の所得控除を受けると20%の所得税の軽減で53200円と10%の住民税の軽減27600円で合計8万円税金がお得になります。

 

 このように所得控除のメリットが大きい商品はいくつもありますので、よく勉強して自分にあう商品を持つと良いかもしれません。『初心者でもわかるSOHO・仮想通貨』ブログ運営・MOS〜プログラミング・生活お役立ち』ではスマホやパソコンを使って楽しく勉強したり、税金の勉強をしたり、ブログの運営方法などご紹介していきます。

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

スポンサーリンク