初心者・主婦でもわかるSOHO・暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)・投資(自分年金・株式・不動産)・SOHO・お役立ち(生活・ダイエット)

初心者・主婦でもわかる仮想通貨『ニュース情報から読み解く』

画像の配置 コインの写真

 

相変わらず仮想通貨の市場はトレンドが転換したのか微妙な状態が続いていますが、皆さんは将来を確信されていますでしょうか。

前回のブログの記事『仮想通貨は生き残るのか?』で見栄子さんは仮想通貨の将来性についてご紹介してきましたが、様々なフェイクニュースや面白い記事など世界中で出ててきますが、一貫して見える方向があります。前回記事でも『日本人の知らない仮想通貨の世界での広がり』に付いて投稿していきましたが、今回の記事もその部分をご紹介して行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

コインベースが世界最大の投資家『ブラックブロック』とETF模索

コインベースが世界最大の投資会社『ブラックブロック』と仮想通貨ETFの作成を模索している記事です。実際にやっているんでしょうね。そしてSECによるCBOE提出のビットコインETFの認可を皮切りにETF市場が花開くのが見えているので、今から準備しているのでしょう。こういう動きはゴールドマンサックスでも実際には動いていて、機関投資家の参入障壁になっている2つの大きな課題を克服するために参入しやすくするための条件整備をしているのでしょう。『①機関投資家が投資した暗号資産の管理ーカスディサービスの充実・拡充②投資しやすい環境ー仮想通貨ETF市場』

 

ロイズ参入は機関投資家が入る前提

次にやはり富裕層や機関投資家の安全対策の役割で保証や保険があります。世界最大の保険会社『ロイズ』の参入です。これを詳しく解説している方がいるのでご紹介します上野義治さんです。『5000円から始める仮想通貨』の著書で見栄子さんが、いつもチェックしている動画を配信されています。


ロイズ参入で機関投資家を取り込めるか? 

 

一般の日本人では、よほど仮想通貨に精通していないと知り得ない情報が世界では、着々と進んでいるということです。仮想通貨の情報を追いかけている人は、わかっていることでしょうが、それ以外の人は意外と目先の価格変動に右往左往しているのかもしれません。 

 

ゴールドマンサックスの暗号通貨取引デスク中止

ビットコインが先日82.3万円から70万前半まで落ちるきっかけになった記事です。(改編時は40万円を割っていますけどね・・・・)ゴールドマンサックスの暗号通貨取引デスク中止の報道です。『フェイクニュース』だった様です。安く仕込みたい人と大きくショートポジションで儲けたい人とそれに上手く乗った投資家による暴落です。ゴールドマンサックスも先日『ビットコインはもう一度5000ドル割り込む水準まで下落する』とトレーダーが言っていましたので、そうしたいのかもしれませんね。

 

だからと言って、やはり仮想通貨は発展前夜の感が否めません。

『世界のトップ大学50校で42%は、仮想通貨やブロックチェーンの講義を開設』

次にビットコインの価値の源であると言われているハッシュレートですが、年始と比較しても2・3倍になっています。将来的に価値が上がると思う企業が多いから沢山の企業が参入するわけで、ある意味個人より慎重な大企業が損を出すビジネスに投資をしないですよね。

新興国の動き『トルコでビットコイン急騰』

政情不安でトルコで仮想通貨が急騰していた報道が出ていましたが、今度はアメリカより制裁を受けてるイランがすごいことになっていますよね。

トルコでも取引が活発化しています。自国の通貨が政情不安や大幅なインフレになっている国ではドルや仮想通貨に資産移動が進んでいます。ということでニュースに事欠かない仮想通貨界隈ですが、いろいろなニュースが出ながらも、世界の流れは仮想通貨を認知し、他国に先んじてどう取り込めるかにどこの国も企業も模索しています。盲目的に暗号通貨の未来を肯定しすぎてニュースの裏を読めなくならない様に見栄子さんも日々勉強中です。

 

スポンサーリンク

 

日本の楽天・LINEも動いている

あまり大きく報道が出てませんでしたが楽天が暗号通貨の取引所『みんなのビットコイン』を2.65億円で買収していますよね。見逃せません。楽天は来年の10月に新しい通信インフラを手に入れて第4の携帯キャリアを目指していますから『楽天ワールド』を作ろうとしているんでしょうね。LINEがシンガポールで暗号通貨の取引所開設。独自の通貨発行も検討しています。

 

 

まとめ

紹介してきたように様々なニュースや報道が絶え間無く続いています。投機的な急騰や暴落に関する報道もありますが、ブロックチェーンが世界の大学では授業としてスタートしている点や大手企業が参入していることから一過性のブームでないことがわかります。皆さんの周りでも10人にひとりくらいは興味を持っているところまで来ています。いずれ日本でも本格的に普及するタイミングで皆さんはどのポジションにいるのか今から少しづつ勉強していくのも良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク