初心者・ はじめての仮想通貨

はじめての仮想通貨をわかりやすく丁寧に

ビットコインキャッシュ『Hash Warは対BTC・2020年の前哨戦?』

f:id:miekokishi:20181115190929j:image

BitcoinCashのハードフォークまで残り9日となりました。ビットコイン界隈での状況整理してみたいと思います。

 

ビットコインBTCよりも熱量の大きい通貨

この通貨がこのまま、終わるとは思えない。正直、筆者もどう決着がつき、どういう展開が待っているのか予想できない状態です。ただ、言えることは、活発な意見が飛び交うコミュニティーが悪いわけないということです。当然、熱量もピークだったビットコインBTCを彷彿とさせます。BTCはLN開発は進んでいるのでしょうか?界隈はもう興味がないのでしょうか?大手の取引所も方針を打ち出し始めました。バイナンスにコインベースなどなど。

韓国の仮想通貨取引所で活発な売買

韓国大手のビッサムの出来高が急増している。ここ1週間の取引量は1兆円を超えている。

 

クレイグ氏

ビットコインは正真正銘・正直なお金です。これは、麻薬市場、バケットショップ、違法なマネーロンダリングなど追加する手段ではない。あなた方が、DSVの取引(トランザクション)を送信するなら、マイナーは正直なお金としてビットコインを維持する手助けになります。

100万BTCを持っているというサトシことクレイグ氏

『100万BTC の事はブラフではない・SV派以外の彼らは、SV派以外には、特許が与えられないと言い、SV派が SatoshiVision ではないと言い、SV派には、採掘力(HASH)がないと言う

 

今回のHASH WARは2020年の『対BTCでの前哨戦?』

今回のハードフォークでのHASHWARは2020年対BTCへの予行演習

  

Bitmain ジハン

コインギークが出すBitmain社のFUD?が許せず、とうとう下記のツイートをします。『コインギークはフェイクサトシにコントロールされていると』

 

Bitmain社は現在、香港取引所にIPO上場申請中

色々な憶測が飛び交っている中でいくつかん情報として、今年2018年の上半期の売上は約3000億円。その内訳がマイナーに販売しているマイニングマシンでの売り上げがほとんどを占めている状態で次の柱を作りたいという思惑があるのでは?

 

ワームホールでのトークン展開は、その収益柱の一つに?その中でも新型のマイニングリグが登場。

ワームホール』でトークン発行が進む

 ViaBTCがワームホールプロトコルベースのマイニングプールトークンを発行

  

  

全体像を解説している動画『東京ビットコインキャッシュニュース』

 

にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
にほんブログ村