初心者・主婦でもわかるSOHO・暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)・投資(自分年金・株式・不動産)・SOHO・お役立ち(生活・ダイエット)

東野圭吾原作・加賀恭一郎『麒麟の翼』映画では新垣結衣・中井貴一が熱演。親子愛に涙が溢れる。

東野圭吾原作の加賀恭一郎(阿部寛)シリーズです。今回も従兄弟の松宮刑事(溝端淳平)との掛け合いが楽しい作品に仕上がっています。(本人たちは笑えないでしょうが)

 


新垣結衣出演 映画「麒麟の翼~劇場版・新参者~」特報

 

主題歌はJUJUさん。ボーカルの切ないバラードが物語を哀しくも感動へと導いてくれます。


JUJU - Sign

 

物語はいきなり日本橋での殺人事件から始まります。日本橋・翼の生えた麒麟の像の前で力尽きた青柳武明(中井貴一が演じている)。警官が発見したときには息途絶える寸前の状態。至急・救急車と警官の緊急配備が敷かれます。その中で職質を受けた青年八島冬樹が逃亡中、自動車に弾かれて意識不明の重体。

 

その少し前、青年八島冬樹は恋人の中原香織(新垣結衣が演じている)に電話で「どうしよう。取り返しのつかないことをしてしまった」と残して電話を切る。

 

次の日の報道では、重体中の青年が容疑者候補として浮上します。世論は青年に批判が集中。恋人のも自宅のアパートに報道記者たちが押し寄せます。

 

そして殺害された青柳家の自宅も報道記者でいっぱいになる状況。

 

麒麟の翼 (講談社文庫)

麒麟の翼 (講談社文庫)

 

 

そんなか、捜査本部が立ち上がります。当然捜査一課の一人・松宮刑事と加賀恭一郎は同じチームとして二人で班を組みます。二人の従兄弟のやり取りは前回の作品「赤い指」からの流れです。


 

2010年4月のクールより始まった連続ドラマ『新参者』とドラマスペシャル2011年1月放送東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画・赤い指』の続編になるようです。今回は加賀恭一郎シリーズ初の映画化で全国377スクリーン2012年の映画観客動員ランキングでも上位に位置。

 

事件はもう八島冬樹で決まりの雰囲気の中、足を使った聞き込み裏付け捜査「現場百回」を徹底する加賀恭一郎と松宮刑事。捜査本部の方向をことごとく修正していきます。

 

加賀恭一郎は緻密な洞察力の中にその人の持つ信頼性や人間が持つ特有の表情を見逃しません。ちょっとした変化や言動を注視しています。今回もそのちょっとした引っ掛かりから思わぬ展開に進んで行く事件を解決へと導いていきます。

 

そして自分自身の父親との関係も新たな発見を得ることになります。(父親は他界している・その看護をしていたのがナース・金森登紀子役の田中麗奈)。

 

話を戻すと、容疑者候補の八島は調べると青柳武明が務める企業カネセキ金属で派遣切りになった経緯があり、その時の怨恨で殺害に至ったのではないかと展開していきます。そして今まで同情的だった世論が今度は派遣切りと派遣切りの理由が労災隠しであることが発覚してから被害者家族にバッシングが始まります。

 

そんな中、加賀と松宮は青柳家へ。捜査の状況説明をするために訪問。そこで松宮刑事は家族に青柳武明氏・父親が翼の生えた麒麟像のある日本橋まで執念でたどり着いたと話をします。父親のことを自業自得だとバカにしていた息子の青柳悠人(松坂桃李)が変化し始めます。

 

父親を信用する発言をし始め、そして労災隠しは父親がやったことではないと断言し始めます。悠人の心の変化は何か?加賀恭一郎がこの変化からある仮説を立てていきます。ようやく事件の真相に近づいて行くのです。

 

さすが映画化される作品です。物語の後半に入り、ようやく真相らしいものが見えてきます。そしてこの大きな悲劇の始まりは悠人が通っていた中学校時代の3年生水泳部での事故がきっかけになっています。始めのボタンのかけ間違いが次の悲劇を生む。

 

過去の事故(本当は事件)から現在の事件が繋がっている特有の事件です。そしてこの後、哀しすぎる真相が次々と明らかになっていきます。

 

最後にこの作品の出演者が現在、すごく活躍しています。

青柳悠人役 松坂桃李

中原香織役 新垣結衣

杉野達也役 山崎賢人

青山亜美役 黒木メイサ

吉永知之役 菅田将暉

 

【合わせて読みたい】東野圭吾原作で親子愛をテーマにした話題作の紹介

全国ロードショー映画『人魚の眠る家』と東野圭吾原作小説を読む(あらすじ有り)

 

hajimete.kyotohannari.work

 東野圭吾原作小説『さまよう刃(やいば)』映画は日本と韓国で上映(あらすじ有り)

 

hajimete.kyotohannari.work

 

にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
にほんブログ村