初心者・主婦でもわかるSOHO・暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)・投資(自分年金・株式・不動産)・SOHO・お役立ち(生活・ダイエット)

東野圭吾原作・ガリレオシリーズ再始動『沈黙のパレード』過去のガリレオを越えられるか?

遂にガリレオシリーズ再始動。超長編作品で帰ってきた。『沈黙のパレード』刊行。2018年10月発売。前作から6年ぶりということでファンのみならず物語のトリックとその後の登場人物の現在が気になるところ。トリック・ネタ探しが大変な作品だけに筆者ももうガリレオは復活しないのでは?と思っていた所での待望の作品。過去の作品を越えられるのか?

 


東野圭吾 ガリレオ誕生20周年! シリーズ最新作『沈黙のパレード』発売

 

ガリレオ、再始動!』
シリーズとしては、6年ぶりの単行本が、長篇書下ろしとして堂々の発売!

容疑者は彼女を愛したふつうの人々。
哀しき復讐者たちの渾身のトリックが、湯川、草薙、内海薫の前に立ちはだかる。

突然行方不明になった町の人気娘・佐織が、数年後に遺体となって発見された。
容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。
だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が、堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を「憎悪と義憤」の空気が覆う。

かつて、佐織が町中を熱狂させた秋祭りの季節がやってきた。
パレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたか。
殺害方法は?アリバイトリックは?
超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

第一作『探偵ガリレオ』の刊行から二十年――。
シリーズ第九作として、前人未踏の傑作が誕生した。

文藝春秋BOOKS  『沈黙のパレード』引用)

『沈黙のパレード』東野圭吾 | 単行本 - 文藝春秋BOOKS

 

ガリレオシリーズは難しい。東野圭吾さんも執筆に苦労する難解なトリック。天才物理学者湯川学にして『あり得ない事件はない』次々と解決していくミステリー。

 

www.bunshun.co.jp

 

 

「沈黙のパレード」

沈黙のパレード

沈黙のパレード

 

 

物語は商店街の定食屋の看板娘が行方不明になる所から始まります。数年後に行方不明の娘は遺体となって発見されます。遺体の発見場所から容疑者としてある男が割り出されルことに。その男は、草薙刑事にとっても因縁のある相手。十九年前の少女殺害事件の容疑者としても逮捕されており、状況的には限りなく黒に近かったが、「疑わしきは罰せず」という裁判の通例で無罪となっていた。

 

若かりし頃の草薙刑事がその少女殺害事件を担当していたのだった。 今回の事件でも、男が事件の犯人であると推定できる証拠は次々と見つかるのだが、決定的な証拠となるものは見つからず、結局は証拠不十分で釈放されてしまうことになる。 さらに、男は娘の遺族の前に現れ、遺族の憎悪を増幅するような言葉を吐くのだった。

 

やがて、男が遺体となり発見される。草薙たちは、娘の遺族やその関係者たちの復讐であると判断し、捜査を進めていくが、その殺害方法と容疑者たちの完璧なアリバイに、捜査は暗礁に乗り上げる。 草薙は、天才物理学者の湯川に助けを求めるのだが、事件は予想だにしなかった結末を迎えることに。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
にほんブログ村