初心者・ はじめての仮想通貨

はじめての仮想通貨をわかりやすく丁寧に

【2019年】『リップルがAmazonを助け、既存の金融システムを変えることが出来る』

リップルがアマゾンを助け、既存の金融システムを変える

 

リップル社のチーフ・ストラテジストCoryJohnson氏

 

リップルの一連のソリューションがAmazonを助け、現在の金融システムを変えることが出来る。

『Ripple's Suite Of Solutions Can Help Amazon And XRP Can Change The Current Financial System,Says Cory Johnson』

 

リップル社のコーリー・ジョンソンはAmazonと小売大手全般について大胆な発言をした。

『Ripple's chief market strategist Cory Johnson made some bold statements about Amazon and retail giants in general.』

彼はリップルのクロスボーダー決済ソリューションを使用することになれば、これらが多くの利点から利益を得ることが出来ると考えています。

 

リップルはクロスボーダー取引の改善

コーリー・ジョンソンは、ニューヨークでのCornellのEnterpreneurship Summitで、取引のスピードを向上させ、国境を越えた支払いのコストを大幅に削減するというリップルの目標の問題を取り上げました。

ある時点で、彼は今から10年後のリップルをどう見ているのか聞かれました。そして彼は会社の技術が世界の大手企業にとって非常に重要になると考えています。低コストで効果的な方法。

 

「送金が非常に遅いので前払いを待っているようなセットアップされたnostroトとvostroのアカウントで発生している23兆ドルを見ることができます。」

 

彼は続けて巨大なAmazonに言及しました。「Amazonはおそらく世界で最も資本効率の高い会社です。どこかに従業員を払うために、またはどこかのベンダーに払うために口座に何十億ドルもの資金を置いている。送金は非常に遅いです。」

 

世界中でお金を移動させるために金融における現在の最先端技術はSWIFTに基づいています。

彼はそれが1973年に書き戻されたと言いました。そしてそれはベルギーに何千人もの従業員を持つ銀行のコンソーシアムによって運営されています。

 

彼はシステムの欠点を取り上げ、リップルがそれらを修正するための解決策をもたらすことが出来るという事実を強調しました。

 

(oracletimes.com 訳)

oracletimes.com

 

合わせて読みたい

2018年にAmazonがリップルを選択すると考えられる3つの理由

coin-media.jp

 

現在のリップル(xRapid)の普及の鍵は?

リップル社は最新レポートにてxRapidを含むリップルネット、デジタルアセットXRPの利用現状と展望を発表した。また同社の銀行部門責任者は現在仮想通貨分野の法的規制が明確でないため、xRapidは銀行に使用されていないと説明した。

coinpost.jp

 

2019年・機関投資家はビットコインよりリップルを好む

XRPの大躍進を予見する情報は、これまでにもご紹介してきた。

最近では、リップル社とトランプ政権との対話 が明らかになり、またTech Crunch創業者による絶賛の声 も記憶に新しい。

これは5大予想の中でも確信度の極めて高いものだとInvesting Havenは伝えている。

XRPは、機関投資家において、最も信頼できる仮想通貨になり得ると掲載。

機関投資家にとって、首位のリップルに続きビットコイン、イーサリアム、ステラールーメン(XLM)の順で投資される通貨になりえるとした。

coinpost.jp

 

はじめての仮想通貨

 

hajimete.kyotohannari.work

 

初心者・主婦でも出来る仮想通貨投資『注意する5つのポイント』

hajimete.kyotohannari.work

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村