初心者・主婦でもわかるSOHO・暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)・投資(自分年金・株式・不動産)・SOHO・お役立ち(生活・ダイエット)

東野圭吾原作『秘密』小説・ドラマ・映画 それぞれを比べてみた

東野圭吾原作『秘密』小説・ドラマ・映画を比べてみた

小説『秘密』

ネタバレもある『あらすじ』と『感想』

普通の家族(本人・奥さん・娘)3人が楽しく暮らしているところがスタートです。まさかこんな展開の話とは。最後はやるせない夫婦愛を味わう作品です。感動しました。奥さんの実家に娘と2人で高速バスを使って帰省する話です。雪道を走っていたバスが運転者の居眠り運転で事故に遭うという。本人は仕事で東京に残っているんですが、事故を知ったのは朝のテレビニュースで見てすぐに現地へ。

 

病院にはすでに親子が運ばれていて意識が戻っていない状態。奥さんは他界。娘はなんとか意識を取り戻す。なんか違和感が?なんと奥さんが娘に乗り移って生き返ります。ここからが大変です。入れ替わりのドラマとか結構ありますが、この作品は楽しいよりどんどん哀しくなります。二人の関係が外見上は親子(娘と父親)ですが、家の中では夫婦のままの意識で暮らして行きます。

 

いつまでも夫婦のままでの生活はうまく行きません。娘が高校生となり、学校生活が楽しく、本人からどんどん離れていく存在になっていく気が・・・・。部活も忙しく、何と言っても頭脳明晰で可愛いというところから青春が入ってきます。アプローチをかけてくる男子が現れて、嫉妬をするようになります。なんと。

 

どんどん嫉妬はエスカレートして行き、とうとう監視するように(電話に盗聴できるようにして娘とアプローチしてくる彼氏との会話を聞く行為までしてしまいます)とうとう、クリスマスのデートで彼氏との前に本人が現れ、娘を家に連れて帰ります。娘は一日中部屋にこもって泣き続けます。そして冬休み明け、3学期父親はとうとう妻でなく娘として接していく宣言をします。そのことにまた娘は号泣。

 

泣き腫らして眠ってしまい・・・。娘が目を覚ますと何かが変?

 

なんと娘が生き返ります。妻が抜けて娘本人が元に戻ります。どうなる『秘密』

秘密 (文春文庫)

秘密 (文春文庫)

 

ここであらすじ解説は終了します。読み始めて最後までノンストップで読めるほど引き込まれてしまいました。最後の夫婦愛は最高でした。考えさせられました。

 

ドラマ『佐々木蔵之介志田未来石田ひかり』が出演した作品も全話見ました。佐々木蔵之介の嫉妬のストーカーシーンは最高でしたよ。

 


秘密 東野圭吾 志田未来 予告 テレビ朝日 金曜ナイトドラマ

 

映画『広末涼子小林薫』出演作品。こちらもよかったですね。映画版では広末涼子が大学生になってボート部で海にいくシーンとかもありますよ。


映画告知CM 「秘密」

 

小説も。ドラマも。映画も、それぞれの良さがあり全部見るのがオススメです。筆者も最後のシーンは感動しました。最後のシーンの描き方がそれぞれ違って、面白かったですね。最後はやはりオリジナルの小説での描写が映像を優っていましたね。見べて作品を楽しむのも一つです。

 

夫婦の違った愛情を描いた作品

 『東野圭吾原作ガリレオシリーズ・聖女の救済』

hajimete.kyotohannari.work